納品までの流れ


ご相談・お見積り

当社で製造する配電盤の用途は、電力会社からの電気を施設内に配電するものや、各種設備機器の制御に用いるものなどです。

お客様のご希望の用途や仕様をお聞きし場合によっては、現地調査することも。それらを実現するための費用や納期をお見積りいたします。


▼


ご契約・お打ち合わせ

お見積りの内容にご納得いただければ、正式なご契約となります。

メールや電話では確認しきれない部分があれば、再度お打ち合わせによって詳しい仕様を決定します。


▼


設 計

当社の製品は、すべてオンリーワンのオーダーメイド。

お客様のご要望に合わせてカスタマイズした設計をしていきます。

ON・OFF制御から異常時のアラーム通知、制御室での挙動監視、設備故障時の保証動作など、さまざまな仕様が可能です。


▼


製 造

配電を内部に収納する筐体を第一製造部が、内部の配線組み立てを第二製造部が担当します。

板金・製缶加工から、塗装、組立てまでの自社内一貫生産が特徴で、コストを抑えながら高品質な製品を生み出します。


■ 製缶

■ 塗装

■ 組立て


▼


検 品

検査専門の部署である品質保証部が、製品の性能や仕上がりを詳しくチェックします。


▼


納 品

厳格な検査をクリアした製品だけを、お客様のもとにお届けします。